アメリカ横断旅行記バハカリフォルニア・ラパス「メキシコ編」

DSC00568

みなさんこんにちは、さて今回は、アメリカ時代に約1ヶ月ちょっと車で旅した時の記事をいくつかに分けてアップしていきたいと思います。

アメリカに住んでいた時にはなかなか日本では経験のできないことを色々とさせてもらいました。

 

それではアメリカ横断旅行記の始まりです!

パシフィックビーチ

スタート地点は当時住んでいたサンフランシスコ

まずは南を目指して車を走らせました、そして最初に立ち寄ったのがサンディエーゴパシフィックビーチ(Pacific Beach)!!学生やサーファーが多く夜も賑わっています。

今回は、夜出発して約540マイル(約860キロ)走りサンディエーゴに到着!ビーチで少し休憩をとりまた出発です。

 

国境を超えてメキシコへ!

目的地を設定していなかったのでその場で次の行き先を模索しながらの旅でした。とりあえずサンディエーゴにきたんでメキシコに行こう、そして行ける所まで行こう!

アメリカ側からメキシコへはスムーズに入国できました!えっ!えっ!えええーー!パスポートの検査も何もなく通過できちゃいます。

入国の際に色々聞こうと思っていたのにすんなり入国でき過ぎてびっくりです。しかも車なのであっという間に国境を超えてメキシコに入ってしましました。

さてメキシコにはいってから心配になったので色々調べてみました。すると72時間以上滞在の場合は入国管理事務所FMM(Forma Migratoria Multiple)を記入して許可が必要になるらしく、しかも事務所がが国境を超えてすぐの建物にあるらしい。

ここでどうするか色々考えた結果!メキシコのラパスまでいってそこからフェリーで本島まで行く。そして本島を色々観光してテキサス州からアメリカに入国する。

そこで入国管理事務所に行く道を探し回りますが全然わかりません!結局アメリカに戻ってまたメキシコに入国することに。今度は慎重に車をはしらせ入国管理事務所を発見! そこで当時20ドルだったおもいますが払い入国許可書を受け取りました。

 

メキシコ

国境を超えてすぐティファナと言うメキシコでも観光客が多い町がありここでは英語も通じるしドルも使えます。しかしそこを超えて南へ下って行くと何もない道をひたすら走り続ける事に!!!

 

メキシコ2

本当になにもない荒れ地をずーっと走り続けます。

 

メキシコ3

そして永遠に続くのではないかと錯覚すら覚える中24時間営業の店に到着。ここまでくるともう英語は通じません!

しかしここは学生の頃2年間もスペイン語を習っていたので余裕でクリア・・・う~ん!?ちゃんと通じているのかな?とりあえず食料を買って野宿の許可をもらう。

周りに泊まる場所など見当たらないので24時間営業の店の横なら安全だろうと上の写真の場所にマットと枕を敷いて寝ることに。

運転で疲れきっていたのでぐっすり寝れましたよー!

 

メキシコ「ラパス」に到着!

メキシコ・ラパス

サンディエーゴからラパスまでの移動距離は約940マイル(約1500キロ)です。日本なら青森から九州と同じくらいの所を何もない道をひたすら走りました。

 

メキシコ・ラパス2

ラパスはダイバー天国ともいわれスキューバダイビングのメッカです。しかし私達にそんな余裕はないのでスルー、海を眺めるだけでした。

 

メキシコ・ラパス3

しかし今夜は奮発して演奏付きのレストランで食事!

メキシコもチップは必要なので忘れずに(基本料金の10〜15%)、メキシコの通貨単位はペソ(Peso)です。

 

メキシコ・ラパス4

そして今夜はちゃんとベッドがある所に宿泊!

当時1泊約500円くらいとかなり安かったとおもいます。

 

メキシコ・ラパス5

天井にはファンまで付いています。久しぶりにリゾート気分でゆっくりできました。

次の日は、ラパスから約20キロ程離れた所にあるフェリーのターミナルへ向かいました。目印は「Baja Ferry」、ここからメキシコ本島のマサトランに車と一緒に渡る予定です。

ここでは英語があまり通じず苦労しました、なにせ手続きが色々と必要なんです。まずチケット売り場に行くと車のチェックが必要らしく言われるがままにすると書類らしきものと車にシールをはられました。

そしてチケット売り場に戻りチケットを購入!の予定が・・・値段を聞いてびっくり!!大人2人と車一台(ピックアップトラック)で4万!

今なら安いと感じるんですが、当時は学生でしかも友達がメキシコに入ってすぐにクレジットカードを落としたか盗まれたので旅行資金がかなり減ってしまってたんです。

そして悩みに悩んで出した答えがメキシコ本島行きは諦める!!

 

ラパスからサンディエーゴに引き返す!

メキシコ4

ラパスからサンディエーゴまで約1500キロ、またこの長い道のりを走ると思うと憂鬱でしたがお金がないので仕方ありません。

そして今夜の寝床は誰もいないビーチ!

 

メキシコ5

海には人もいないし透明で綺麗です。

ちょっと海にはいったらたくさんの魚やカニを発見!

 

メキシコ6

朝起きると沖の方では漁師が魚をとっています。

しかし海辺って寝心地悪いし虫が沢山たかってきてました。

 

メキシコ7

それではいざアメリカはサンディエーゴへ向けて出発です。

 

メキシコ9

道を走らせ高台に来た時に昨晩泊まったビーチを見みると漁師がかえってくる所でした。魚沢山とれたのかな?

 

さいごに

メキシコ8

トラブルは旅につきもの、アメリカ横断旅行記メキシコ編色々ありましたが今でも覚えているのは色々あったからだと思います。

因みにメキシコを走っていると何回か検問を通ります、銃をもった兵士が許可書の確認や何処にいくなど聞いてきますが全く問題ありません。

ピックアップトラックの荷台にはキャンプ用品がわんさか積んであったので

後ろの荷物はなんだ?と聞かれるので「キャンプに行く」と伝えるとすんなり通れます。

そしてガソリンスタンドもちゃんとあるので心配いりません、でも一応タンクにガソリンを積んでいましたよ。バイクで旅行に行った時には何度かガス欠で民家に助けを求めたことがあります。

残念ながらメキシコ本島にはいけませんでしたが、なかなか楽しい旅となりました。次行く機会があったらカンクンまでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です