観測方法?月で太陽が隠れる「部分日食」2016年3月9日!

2016年3月9日10時頃から部分日食が始まり、11時頃ピーク、そして12時頃終わります。(関西地方の場合です)

日本では、部分日食ですがインドネシアなどでは皆既日食を見ることができます。この機会に、是非太陽を見てみよう!因みに日本で観測可能な部分日食、南に行けばいくほど隠れる部分が大きくなります。

ということは沖縄と北海道では部分日食の見え方が違ってくるんです。沖縄では太陽の約22パーセント、そして北海道では約5パーセントしか月で太陽が隠れません!

地名 部分食始まり 最大 部分食終わり 隠れる面積
那覇 09時29分頃 10時29分頃 11時33分頃 約22%
京都 10時06分頃 10時59分頃 11時53分頃 約13%
東京 10時12分頃 11時08分頃 12時05分頃 約15%
札幌 10時38分頃 11時18分頃 11時57分頃 約5%

(参照:自然科学研究機構国立天文台

 

部分日食を観測する!

太陽2016.3.9
太陽の光は想像を絶する明るさです安全に観測するために知っておかなければいけないこともあります。地球と太陽は約1億4960Kmもありますそして太陽の光が地球に届くには約8分!

そんな太陽を肉眼でみると目を痛めるので絶対にやめましょう!

そして昔は普通にやっていたけど今では絶対にやってはいけない観測方法とは?

下敷きを使っての観測(この方法、小学校の時は普通にやっていたとおもうんですが今では絶対にやってはいけない方法です。)
フィイルムを使っての観測!
すすを付けたガラスの板での観測!
ようは日食専用グラス以外では見てはいけないってことです。

 

簡単にできる観測方法!

部分日食観測方法

1番安全な観測方法は、太陽を見ずに観測する!

厚紙などを用意して小さな穴を開けます。そして穴を開けた厚紙を通して見える影と光、そうなんでその光が太陽の形なんです!上の画像ではサンプルとして電球でやりましたが、部分日食でやった場合まあるい光が欠けて見えるんです!

穴をいくつも開けてみたりすると面白いと思います。

 

さいごに

2009年7月22日皆既日食

上の写真は2009年7月22日皆既日食の写真です!当日使っていたiPnoneで撮影したものになりますが写真を撮るのはなかんかむずかしそうです。

そして今更ですがお天気は・・・なんと全国的に雨や曇のところが多いみたいです。なかなか見れるチャンスは少なそうですが、観測する場合は十分注意してください。曇りでも直接太陽を見るようなことは絶対にしないでくださいね!

それでは、明日3月9日部分日食がみれますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です