【iPhone】iPhoneを売る前にするべきこと!

みなさん使わなくなったiPhoneどうしていますか?

通信はできませんがWi-Fi環境ではネットにもつながりますし、音楽再生専用として使ったり、ゲーム専用として使ってもいいかもしれません。でもあまり使わない場合、宝の持ち腐れ。なら売って現金収入を得よう。

とここで疑問が?iPhoneを売る前にするべきことってあるんだろうか?個人情報満載のiPhoneをそのまま売っていいのだろうか?そこでiPhoneを売る前にするべきことを書いていきたいと思います。

 

 

iPhoneを売る前にすること

まずはじめに「設定」画面から「iCloud」をタップする!

そして下の方にある「iPhoneを探す」をタップ!

 

 

すると上左の画面になるので「iPhoneを探す」をタップ!この時、右上の画面がでてきたらすでにオフになっているのでなにもすることはありません。

iPhoneを探すをタップすると「Apple ID」のパスワード入力を求められるのでパスワードを入力して「オフにする」をタップ!

これで準備完了!次にiPhoneの初期化をします。

 

 

iPhoneの初期化

それではiPhoneの初期化を行っていきます。

まず始めに「設定」から「一般」をタップする!

そして1番下の「リセット」をタップ!

 

 

リセットの中から「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする。

すると「パスコードを入力」する画面になるのでパスワードを入力します。

パスコードとは、画面ロックを解除する時に使用しているパスワードです。

 

 

そして「機能制限パスコード」を設定している場合左上の「機能制限パスコードを入力」画面が出てきます。こちらは初期設定などはなく自分で設定しないかぎりパスワードは存在しません。

忘れてしまった場合、4行の数字を思いつく限り入力してみましょう。何回失敗しても大丈夫です。

それでは最後に「iPhoneを消去」をタップして終了です。

 

さいごに

どうですか?簡単に初期化できるので売る前には必ず「iPhoneを探す」をオフにして、初期化してから売りましょう。また復元する可能性がある場合は必ずバックアップをとってから作業をすることをオススメします。

因みに筆者のiPhone6シルバー128Gは買取価格17600円でした(2016年12月14日)!もちろん売る場所、iPhoneの状態、時期などで値段は変わってくるので自分の1番良い方法で売却しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です