「ヨーロッパ旅行記」幸福の国デンマーク元首都「ロスキレ」編!

デンマーク国旗

みなさんこんにちは!

ライターのミッキーです。

今回は前回にひきつづきデンマークについてもう少しご紹介したいとおもいます。 今回は首都コペンハーゲンから少し足をのばして、遠い昔デンマークの首都でもあった小さな街「ロスキレ」をとりあげたいとおもいます。

 

ロキレスの基本情報!

デンマークロスキレmap

ロキレス大聖堂(Roskilde Domkirke/Roskilde Cathedral)

市立公園(Byparken)

フォルク公園(Folkeparken)

ロスキレ駅(Roskilde Station)

ヴァイキング船博物館(Vikingeskibsmusemum/Viking Ship Museum)

聖ヨルゲンスベリ教会(Sct. Jorgensbjerg Kirke)

ロスキレ工芸館(Roskilde Museum/Museum of Tools)

聖ローレンティ教会(Sankt Laurentii Church)

ロスキレ現代美術館(The Museum of Contemporary Art)

10.ロスキレ博物館(Roskilde Museum)

11.観光案内所(Visit Roskilde)

人口:約49300人(2015年)

メインアトラクション:「ロスキレ大聖堂」

アクセス:コペンハーゲン中央駅から電車で約30分

 

ロスキレ大聖堂

ロスキレといえばなんといってもこちらの「ロスキレ大聖堂」

世界遺産にも登録されています。レンガ造りのしっかりとした壁から壮大な歴史を感じさせられます。

営業時間: 9am から4pm

入場料: 大人60クローナ(約1200円)

 

ロスキレマーケット

また、夏の日曜日には広場でフリーマーケットが行われたりもします。掘り出し物のアンティークがみつかるかも!

 

ロスキレカップ

こちらは私がフリーマーケットでみつけたカップ。

三つで500円ほどでした!

 

ロスキレメインスト

こちらがメインショッピングストリート

小さいですが日本でも人気のflying tigerH&Mなどもあります。コペンハーゲンほど込み合ってもいないのでゆっくり買い物ができます。

 

View image | gettyimages.com

ロスキレはロスキレフェスティバルとよばれる大きな「ミュージックフェスティバル」が開催されることでも有名。去年はローリングストーンズ、今年はポール・マッカートニーも舞台にあがりました。
詳細はこちらへ↓

http://www.roskilde-festival.dk/

 

ロスキレ風景
さて今回はロスキレから一駅のTrekronerという超田舎も紹介したいと思います。このTrekronerこそ、私が一年間をすごした思い出の地なのです。

 

ロスキレ菜の花

Trekronerにはなんといっても自然がたくさん。春には一面に菜の花畑がひろがります。

 

ロスキレうま

牧場や農場もたくさんあっていろいろな動物にもであえます。

 

ロスキレ牛

こんなビジュアル系の牛にも。笑

 

ロスキレ花々

デンマークの自然を体験するには最高の場所!

 

ロスキレ湖

私が通っていたTrekronerにある「ロスキレ大学」には大きな湖があります。湖の周りでピクニックをしてみたりするのもいいかもしれません。白鳥の親子が年中湖のまわりに住み着いています。

 

ロスキレ白鳥

春には白鳥の赤ちゃんにもお目にかかれるかも。

図書館の地下から湖の中が見えてしまう構造も!

キャンパス内にはスチューデントハウスもあり、美味しいデンマークのドラフトビールが安い値段で購入できます。

 

最後に

都会につかれ田舎でゆっくーりしたいという方にはぜひお勧めの場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です