【ROGUE】ストロボディフューザー比較&効果!

ポートレート撮影の時に役立つ「ストロボディフューザー」!今までイベント会場などでもストロボなしで撮影していたのですが、最近「NISSIN i40」を購入しました。

しかしストロボで直射撮影すると影が・・・

そこで今回「ROGUE Flash Bender2」Small Soft Box Kitを購入したので比較と効果を検証してみたいと思います。

 

ストロボディフューザー比較&効果

まずはストロボ無しで撮影!

撮影機材&設定

カメラ:ソニーα7Ⅱ
レンズ:Planar T FE 50mm F1.4
ストロボ:NISSIN i40

ホワイトバランス:オート
ISO:100
ストロボ:TTLオート
絞り値:F2.8

 

ストロボ直射

ストロボを付けて直射で撮影、フィギュアの後ろにおもいっきり濃い影が出ています。

 

天井バウンス

ストロボを上向きして天井バウンスで撮影、フィギュアの影が少し薄くなりました。ただし大きな会場などでは天井バウンスが使用できない場合もあります。

 

ストロボディフューザー着

NISSIN i40の付属品で付いているストロボディフューザーを付けて撮影。直射よりは少しだけ影が薄くなったがまだまだ影はしっかりとでます。

 

ストロボディフューザーで天井バウンス

う~ん!?

多少影が薄くなるもそんなに変わらず!

 

「ROGUE」ディフューザーパネル

「ROGUE」ディフューザーパネルSを付けて撮影。影が大分薄くなり柔らかくなりました。

 

「ROGUE」ソフトボックスS

「ROGUE」ソフトボックスにして撮影!フィギュアの影が薄くなりかなり柔らかくなりました。正直ここまで効果があるとはビックリ!

 

さいごに

「左」直射と「右」ソフトボックスでは明らかにフィギュアの影に違いが出た!

まだまだ色々な種類のディフューザーがあり、どれがいいのかわからないがとりあえずはこれでいこうと思います。また良さげな商品があったら比較してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です