私の大好きなチェコ共和国「プラハ」

プラハ

こんばんは、ミッキーです!

今回は私の大好きなチェコ共和国プラハについてご紹介したいと思います!

世界を旅した人の中でもプラハが一番美し街だったと言う人もいます。

 

中欧の秘境プラハ!

Googlemapを別画面で見るには地図をタップ又はクリック!

Googlemapを別画面で見るには地図をタップ又はクリック!

 

まずは基本情報!

時差: 8時間

言語: チェコ語

日本からのアクセス: 直行便はないのでパリやロンドンなどの主要都市で乗換。

通貨: チェココルナ

フランスやイタリアなどに比べてあまり日本では人気でない国ですが、今まで訪れた国の中でチェコは私の最もお気に入りの国です。戦争での空爆を受けていない国なので昔の美しい街並みをそのまま楽しむことができます。

 

聖ヴィート大聖堂

私の一番のお気に入りプラハ城の中にある「教会聖ヴィート大聖堂」

聖ヴィート大聖堂が今の場所に建てられたのは925年のこと。ヨーロッパのゴシック建築の傑作ともいえるこの教会。プラハに来た際には是非お立ち寄りください。

聖ヴィート大聖堂

営業時間: 月~土 9:00 – 16:40   日  12:00- 16:40

入場料: 約1700円(レートにより異なる)

 

プラハの街並み

大聖堂はプラハ城のなかにあります。このプラハ城からのプラハの街の眺めは本当に最高です。

 

天文時計台

さらに私がおすすめしたいのは旧市街にあるOld Town Hallにある「天文時計台」

最も古い部分は時計の機構と天文図の文字盤であり1410年に時計職人であったカダンのミクラシュとプラハ・カレル大学の数学・天文学教授であったヤン・シンデルによって作られたといわれています。

中にはいって時計の中の構造を見ることもできます。なんともいえない不思議な雰囲気をもった時計台です。

 

チャールスブリッジ

さらにプラハに来たなら行かなければならないのが、「チャールスブリッジ」

橋の上ではハンドメイドのアクセサリーや絵葉書など、ユニークなお土産を見つけられること間違いなしです!

 

Tyn Church

またゴシック建築好きの方には是非見ていただきたい教会がもう一つ旧市街に。

「Tyn Churchです」。旧市街のど真ん中にたたずむこの教会。 街の景色とマッチして本当に美しいです。

 

Night Tyn Church

特に夜になると何とも言えない雰囲気を漂わせます。

教会の前では様々なイベントがよく行われています。時期によってイベントの種類も違うので要チェックです。

 

Tyn Church上から

プラハの街を上から見たときの教会、二つの塔がひょっこり頭をのぞかせて、プラハのランドマークといってもいいでしょう。

 

National Theatre

また、夜の「National Theatre」も必見!

夜になるとライトアップされきらきら金色に輝いて見えます。

 

プラハ彫刻

また、プラハの街のいたるところには面白い彫刻が見られます。

 

MVC

「Memorial to the victim of communism」

お散歩しながらお気に入りの彫刻を探してみるのも楽しいかもしれません。

 

チェコビール

チェコにきたなら「チェコのビール」を飲まないことには日本には帰れません!

様々なビールを飲んできて私ですがチェコのビールがこの世で一番おいしいと自信をもって主張します!

チェコは物価が安いことでも有名。レストランなどでは水より安くビールが飲めてしまう場所もあります。こちらのビールは約200円ほどでした。

 

うさぎのソテー

ビールだけでなくご飯もおいしいのがチェコの特徴!

ウサギのソテーチェコダンプリン

 

チェコ伝統料理

こちらはチェコの伝統的料理「ポークとダンプリンのクリームソース添え」 激ウマです。

値段も約600円ほどと非常にリーズナブル!チェコに来た際には是非お試しください!

 

さいごに

チェコ共和国プラハ

ここまで色々お伝えしましたが、チェコはほんとに美しい、絶対おすすめできる国です。

治安も比較的良いですしみなさん機会があればどうぞ行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です