天空の城「竹田城」で日の出と共に雲海を見る!

竹田城雲海

みなさんこんにちは、日本のマチュピチュ「竹田城」に行ってきました。

雲海はなかなか見れないとのことでしたが幸運にも日の出と共に雲海をみることができました。

 

竹田城跡から砥峰高原へいった記事はこちらからどうぞ!

銀色に輝くススキの穂が波打つ高原「砥峰高原」を散策!

 

竹田城の場所はこちら

場所は、兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169(あさごし)

電車の場合、JRで竹田駅が最寄り駅になるのでそこからは徒歩約20分

車の場合、和田山JCTでおりて約5分

 

天空の城「竹田城」

竹田城雲海駐車場

今回は夜中に出発しました、なぜなら前回行こうと思っていた時に寝坊して諦めた経験があるからです。

心配だったのは、駐車場が空いているかどうか?

夜中の3時に到着しましたがすでに車が数台ありみんな車中泊しています。また警備員がすでに出勤しており誘導してくれます。

駐車場の場所は「山城の郷第一駐車場」ここにはトイレや自販機もあり一番城跡に近い駐車場になります。

くわしくは→竹田城駐車場

 

竹田城雲海車中泊

11月ですが夜中は冷えるので寝袋を持参!

このノースフェイスの寝袋はマイナス10度まで快適に寝れる物なので寒さの心配はありません。

アラームを5時にセットして仮眠です。

 

竹田城雲海日の出

山城の郷第一駐車場から徒歩約40分で竹田城跡入口です。

正直入り口までの道のりは舗装された道を歩いて行くのでかなり楽です、成人男性なら30分もかからないのではないでしょうか。

みているとお年寄り、若いカップル、若いグループはおしゃべりをしながらゆっくり登っていたので40分はかかるのでしょう。

また懐中電灯はあった方がいいですがなくても全然問題ありません(ほとんど使いませんでした)

 

竹田城雲海2

竹田城跡の観覧時間は時期によって異なります。

3月20日〜9月18日は、8:00〜18:00

9月19日〜12月10日は、4:00〜17:00

行く前に必ず朝来市のホームページで確認しましょう。

観覧料金は、大人500円(中学生以下は無料)

 

竹田城雲海3

今回は運よく雲海をみることができましたが、見れる確率は低いので過度の期待は厳禁です。

雲海の発生しやすい条件が朝来市のホームページに書いてあるので確認してから行くことをおすすめします。

簡単に説明すると湿度が高く晴れの日で朝と日中の気温差があり風が弱いこと。

 

竹田城雲海4

2015年11月13日現在、竹田城跡の天守(一番高台になる場所)は修繕工事のためあがることができませんでした。朝来市のホームページを確認してみましたが未定みたいです。

残念ながら竹田城の写真では有名な撮影スポット竹田城天守台から南千畳を望む写真は撮れません!

追記

2016年3月1日、竹田城跡で天守台と本丸の保護工事が終了し3月1日の山開きから、約2年3カ月ぶりに入場が可能になりました。

 

竹田城雲海5

そしてこの日は運良く雲海はみれましたが雲が多く日の出は綺麗にみれませんでした。

 

竹田城雲海6

行った後に思ったのですがもっと暗いうちに登って4時の開門から入り星と雲海の写真なんかも撮りたかったですね。次回行く機会があったら是非チャレンジしてみたいと思います。

 

竹田城マップ

登る時は暗かったので下山した時に撮りました。

 

竹田城第一駐車場

山城の郷第一駐車場の写真です。

ここに停めるのが一番いいと思います。

 

竹田城跡を遠目から見るには「立雲峡」

竹田城跡立雲峡

竹田城跡を遠目から見るには「立雲峡」が有名なスポットになっています。

竹田城跡から車で10分くらいと近いので私は日の出を見た後に立雲峡に移動しました。

 

竹田城跡立雲峡2

竹田城跡から312号線を右折277を左折(和田山医療センター)→約1キロ先にこの看板が見えてくのでここを右折します。

最初登山道って書いてあるので車では行けないと思って通り過ぎてしまいましたが、問題なく車でもいけます。

ただし道が狭いのでゆっくりのぼりましょう、対向車がくると場所によってはスレ違いできません。

 

竹田城跡立雲峡3

立雲峡の駐車場は300円になります。

協力募金箱が入り口に設置してあるのでここでいれていきましょう。

 

立雲峡第三展望台

駐車場から第3展望台までは徒歩5分もかかりませんでした。

しかし竹田城跡とは違い道が舗装されていないので運動靴や登山用でないと厳しいと思います。

 

立雲峡第三展望台2

こちらの写真が第三展望台からの景色になります。

 

立雲峡第二展望台

第2展望台までは山道って感じで登山をしているようです。

竹田城跡でも往復で4キロ程歩いているので運動不足の方はしんどいかもしれません。また山道が濡れていて滑るのでゆっくり登りましょう。

 

立雲峡第二展望台2

こちらが第2展望台からの写真になります。写真では分かりづらいですが実際は景色が違って見えます。

 

立雲峡第一展望台

こちらが第1展望台からの写真になります。

体力に余裕のある方は是非第1展望台まで登ってください、景色は最高です。

ただしこの日は、時間と共に雲海が薄れてしまったので第1展望台に着いた時にはこんな感じでした。

また次回機会があれば立雲峡からの夜の写真も撮ってみたいですね。

 

立雲峡マップ

立雲峡のマップになります。

各サイトなどで見ると第1展望台まで50分くらいと書いてありますが、山道に慣れた人なら30分もかかりません。ヒールを履いた女の子をみましたがめちゃめちゃ大変そうでした。

また竹田城跡と違い早朝に登るなら必ず懐中電灯が必要になると思います。できれば手袋もあるといいと思います。

 

立雲峡駐車場

立雲峡の駐車場は約50台分くらいですかね、平日だったので余裕で駐めれましたが週末などはいっぱいになるみたいです。駐車場は24時間開放されているので早めに到着して車中泊もありだとおもいます。

 

まとめ

竹田城跡の雲海を見れるかは運次第、時間に余裕のある方なら近くに宿泊施設もあるので1泊でチャレンジするのもいいと思います。

私は運よく雲海をみることができましたが竹田城跡で一番高台に位置する天守が修繕工事のためあがることができませんでした。またチャレンジしてみたいと思います。

また立雲峡と反対側に位置する藤和峠(ふじわとうげ)からも竹田城跡をみるポイントがあります。

ただし駐車スペースが2台と狭く停めれるかどうかは運次第。

それではみなさんも是非日本のマチュピチュ「竹田城跡」チャレンジしてみてください。

 

竹田城跡から砥峰高原へいった記事はこちらからどうぞ!

銀色に輝くススキの穂が波打つ高原「砥峰高原」を散策!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です