ゴワゴワタオルにさようなら!タオルをふわふわにする方法!

もう10年以上前に知り合いから聞いたリッツカールトンも実際にやっているタオルをふわふわにする方法。私は半信半疑だったがずっと実践してやっていました。

そこで今回は、本当にタオルを干す前に数回パタパタとふるだけでふわふわになるのか実験してみました。

 

洗濯方法

ふわふわタオル洗剤

まずはいつも通りに部屋干しトップを使って洗濯します。 普段は柔軟剤も使ったりしますが今回はタオルを数回ふるだけでどこまでふわふわになるかの実験なので使用しません。

 

用意したタオルは4種類!

ふわふわタオル選択後

今回実験のために用意したタオルは4種類です。ハンドタオルフェイスタオル2種類バスタオルです。ハンドタオルは、5年ほど使っているものです。フェイスタオルは1年程使っているものと5年近く使っているもの。そしてバスタオルは10年以上つかっているものです。

 

ふわふわタオル干し中

今回、試したふる回数は0回10回ふる50回ふるの3段階です。そして間違わないようにふるった回数をふせんに書いて干します。

 

ふわふわタオル違い

正直この段階でふる回数の差が明らかに現れています。得にハンドタオルは0回と50回では明らかに違います。50回ふるったタオルの毛が立っているのがわかると思います。

 

タオルを干す前にふるとこうなる!

ふわふわタオル結果

まずはハンドタオルの結果から!

 

ふわふわタオル

左から0回、10回、50回ふるったタオルです。明らかにふるったタオルの方がふわふわしています。ただし10回と50回ではさほど差はないように感じました。

 

ふわふわタオルフェイス

そしてこちらが5年程使っているフェイスタオル!0回より10回ふるとふわふわに、そして50回ふると全体的にふわふわ感がでています。

 

ふわふわタオルフェイス5年もの

そしてこちらが比較的新しい1年しか使っていないフェイスタオルです。0回よりは10回の方が多少ふわふわでしょうか?さらに50回の方が多少ふわふわといった感じです。新しタオルだと差はあまりないのかもしれません!

 

ふわふわタオルバスタオル

最後に10年以上使っているバスタオルです。

さすがに10年以上使っているバスタオルでは0回と50回でも違いがわかりません。ここまで使ったら新しいタオルに買い換えましょう。

 

さいごに

洗濯機でタオルを洗った後に数回ふると乾いたあとにふわふわになる。そして10回より50回ふるとさらにふわふわなる結果となりました。ただしタオルが古すぎると50回ふるっても変化なし。

しかしなぜタオルをふるだけでふわふわになるのか? 答えは簡単でした、タオルのパイル(糸の束)が寝ている状態からふる事で立つんです。それがふわふわにつながるんですね。

そしてふる以外でタオルをふわふわにする方法があります。

①柔軟剤を使う!

②乾燥機を使う!

③必要以上に洗剤をいれない!

どれも簡単にできるので是非ためしてみてください。タオルがふわふわになりますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です