「水溶性マッサージオイル」VS「普通のマッサージオイル」拭き取り調査報告!

水溶性のマッサージオイル普通マッサージオイル

リラクゼーションサロンで所用しているマッサージオイル!以前はミネラルオイルを使用していたんですが、最近はオイルの減る量がグーンと減ってきたので変更していました。なぜならミネラルオイルは週類にもよりますが酸化して嫌な臭いになるからです。

 

普通のマッサージオイル水溶性マッサージオイル

そして今回は、べたつかない「水溶性マッサージオイル」を発見したので購入して「普通のマッサージオイル」との違いを検証してみたいとおもいます。

まずは同じ量のオイルを手のひらにたらします。

 

普通のマッサージオイル手のひら水溶性マッサージオイル手のひら

次に垂らしたオイルを手のひらに満遍なく塗ります。塗った感じは両方大差ないです、同じ感じですね。

 

普通のマッサージオイル流す水溶性のマッサージオイル流す

それでは手のひらに垂らしたオイルを満遍なく塗った後は、水で流していきます。

自動水栓で10秒間流した結果です、写真で見てわかるように普通のマッサージオイルの方はベタつき感があります。実際ベタついていました。

一方水溶性のマッサージオイルの方は水で流しただけでベタつき感が大分薄れています。

 

普通のマッサージオイル流す水溶性のマッサージオイル流す

最後に同じ量のハンドソープを使い手を洗います、しっかりと水で洗い流します。

 

普通のマッサージオイル結果水溶性のマッサージオイル結果

はい!写真では違いが全くもってわかりません、でも実際の所サラッと感が違います。水で簡単に洗い流せる水溶性のマッサージオイルおすすめです。

水溶性のマッサージオイルをオススメする理由!

①施術後ホットタオルで拭き取った後のベタつき感が違う。

②拭き取りタオルを洗濯すると綺麗にオイルが落ちるので黄ばみがでない。

③普通のオイルと値段が一緒で安い!

 

黒いハンドタオルを買ってみた!

黒いハンドタオル

たまたま楽天で見つけた黒いハンドタオル!

汚れが目立たないので買って使ってみました。用途は、リラクゼーションサロンのフットケア後のオイル拭き取り用。今までだとオイルが洗濯では洗いきれずに黄ばんだりしていました。

オイルが固まってタオルが硬くなったりもしました。

正直上で紹介した水溶性のマッサージオイルを使うのであれば普通に白でもいいと思います。

 

黒いハンドタオルホット

ホットキャビネットに入れてみた感じですが慣れれば違和感なく使えます。

黒いハンドタオルの感想

汚れが目立たないが1番の売り、一度使ってみるのもいいと思います。

 

フェイシャルタオル日本製vsベトナム製

フェイシャルタオル

サロンで使用するタオルは「セブンエステ」で購入することが多いんですができるだけ安く抑えたいので6枚1200円のベトナム製を購入することが多かったんです。

 

フェイシャルタオル

 

ところが使い続けると次第に違いが・・・写真でもわかりますがベトナム製のタオルはほつれが目立ちます。日本製のタオルはほつれが見当たりません。

これは本当に全然違います、買うなら断然日本製のタオルに限ります。値段も5枚で1500円と1枚あたり100円高いだけです。

まとめ

今回は、普段サロンで使用している物の比較や検証をしてみました。ネットで購入する機会が増えましたが実際に使ってみないとなかなかわからかったりします。1度買って使ってみて良かったら追加で買うスタンスが良い方思います。

また今回の検証が少しでも役に立てればとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です