パーマリンクを変更した時に役立つプラグイン「Redirection」の使い方!

みなさんこんにちは、リフレピアの石川です。

サイトのテーマを変更した時の話しなんですが、その時パーマリンクも変更したんです。てっきりパーマリンクは、設定を変えた時からの記事のみ変更になると思っていたんです。 ところが・・・パーマリンクを変更するとすべての記事のパーマリンクが変わってしまうんです。

 

Reflepia_Inc_

まあしょうがないか!とおもいほったらかしにしていましたが、さすがにフェイスブックグーグルプラスのリンクがエラーになるのは好ましく無いと1つ1つ手直ししました。 でも気が付かなかった!!!フェスブックのリンクは1記事に3つあるんです、URL、画像、説明文。 そして私が手直ししたのはURLの部分のみ、なのでURLをクリックしたらちゃんと記事に辿り着くんです。しかし画像や説明文をクリックすると404エラーに!!!

画像や説明文のリンクを変更する方法をネットで検索したのですが結局ダメでした。それでもまあいいかと思っていました、アクセス解析を見るまでは。 明らかにアクセス数が低下していくんです。

 

WordPressプラグイン「Redirection」

Redirectionインストール

まずはじめに「Redirection」をインストールします。

プラグインのインストール方法はもうみなさん知っていると思うのでカットします。

ではインストールできたらRedirectionを有効化します。

 

設定画面

Redirection設定

まずは「ツール」から「リディレクション」を選びます。

 

Redirectionリダイレクト

そして新しい「転送ルールを追加」から

ソースのURL:の部分に元々使っていたURLを入力する。

ターゲットURL:の部分に新しく変えたURLを入力する。

最後に「新しい転送ルールを追加」をクリックして終了です。

Redirectionプラグインを使用する場合。
パーマリンクの設定が「デフォルト」以外になっている必要があります。

これで設定は終わりです、一応ちゃんと設定できているかテストしてくださいね!

 

まとめ

できればRedirectionを使って転送したくないものですよね、そこで重要になってくるのが最初にしっかりとパーマリンクの構成を考えて設定することです。

途中で変更すると様々なトラブルが発生します。なぜなら過去の記事すべてのパーマリンクが変更されてしまうんです。さらにフェイスブックのいいねもリセットされ0になってしまいます!!もちろんSEO効果もリセットされます。

しかしどうしても301リダイレクトをする必要になった時はWordpressプラグイン「Redirection」はおすすめです。.htaccessでも設定可能ですが以前.htaccessをいじっていて大変な思いをしたのであまりWordpressに詳しく無い方はプラグインを使用しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です